Prologue

テキサスキングバーガー

元々は、航空関係のビジネスに携わってきました。きっかけは、2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ。企業対企業のビジネスでは、取引先が低迷した時のリスクの大きさを痛感し、意を決して個人消費者向けビジネスへとシフトしました。

手さぐりの中、様々な業態にチャレンジしましたが、決して順風満帆とは言えない船出でした。 そんな中、アメリカンスタイルのいちご狩り農園「ブルーチップファーム」を開園。 まさに、畑違いの異業種からの参入で、一から農業を学び、イチゴと向き合いました。 当時ではアメリカンスタイルのいちご狩り園は珍しいこともあり、地元のメディアで取り上げられ今ではブルーチップの屋台骨と言えるほどになりました。 その流れが、第二農園の「オレゴンファーム」、アメリカンバーガーショップ「テキサスキングバーガー(旧店名:テキサスバーガー66常滑)」に繋がり現在に至ります。

Concept

オレゴンファーム

当社のサービスコンテンツはアメリカンなものが、ほとんどです。

なぜアメリカンスタイルなの?と言われれば、私が「アメリカ大好き」なことによる所が大きいです。特に自然と都市がうまく融合しているオレゴン州が大好きです。日本ではオレゴンを舞台にしたいちごファームのテレビドラマがありましたが、モロに影響を受けております。

オレゴンのポートランドでは、ライフスタイルを創造するという文化が根付いています。創られたものは”クラフト”という言葉で表現され、特別ではないけれど、とても贅沢で豊かな時間を創りだしています。

自由で気負っていない雰囲気。それは、都会の中にいても”レイドバック(のんびり、ゆったりとした)”した空気、「コミニュティ」や「ローカル」をみんなでサポートする空気を生み出します。

ブルーチップの各ショップでは、見た目のアメリカンスタイルだけではなく、自由で肩に力を入れない雰囲気を感じて、リラックスしていただければという想いが根底にあります。

Epilogue

サンセットウォーカーヒル

オレゴンファームは、日本政府や常滑市をはじめとする多くの方々の支援を受け、2015年8月に地方創生による国家戦略特区に指定されました。

特区の規制緩和を受け、ファーム敷地内に新たに、知多半島の食材を活かした料理を提供する農家レストラン「サンセットウォーカーヒル」(2018年4月オープン)、自家栽培のブドウを使ったワインを生産するワイナリー「ネイバーフッド」(2018年秋ごろ完成予定)が誕生します。

より、お客様に楽しんでいただけるハッピープレイスを目指して、ブルーチップは、さらに進化していきます!ご期待ください!!

Company Owner

株式会社ブルーチップ 代表取締役 馬場憲之

More Info

Company Profile

社名 株式会社ブルーチップ
代表取締役 馬場憲之
所在地 〒479-0866 愛知県常滑市大野町1-23
TEL/FAX TEL 0569-44-0868
FAX 0569-43-6681
メール info@t-bluechip.com
事業内容 飲食業、観光農園業、空港サービス業で様々なサービスを提供。
ストロベリーファームソービー(旧ブルーチップファーム)
オレゴンファーム
サンセットウォーカーヒル
テキサスキングバーガー
ブルーチップエアポートサービス